雑記

沖縄・西表島の旅。海と釣りと美味しい料理

沖縄は西表島に行ってきました。

あまり南の海には馴染みがないのだけど、憧れはある。

元職場の同僚が誘ってくれて、ありがたくご一緒することにした二泊三日でした。

momo.

旅の感想をつづっていきたいと思います!

1日目。久しぶりの海!

朝5時台発の高速バスで羽田へ。

11時過ぎ羽田発石垣行きに乗りました。

15時石垣着。

タクシー飛ばして港へ、そこから高速船で西表島へ。

西表島着16時半。

長かった移動。。

宿泊するペンションに荷物を置き。

暮れなずむ星砂海岸へGO!

星の砂拾ってきたよ。

部屋に戻ってきて、夕日を見てたらとっても切なくなった。

あれー。海岸までは、まだ頭が疲れて色々考えてたのに。

夕暮れには、島の空気がまとわりつく。

濃厚でゆったりと流れる時間。

なんだろう。初めてなのに懐かしい。

夜ご飯は、島一番おしゃれなレストランに連れて行ってもらいました。

美味しかった。楽しかった。

帰ってきて、あたりはまっくら。

バルコニーからは満天の星。

また切なくなりました。

2日目。釣り三昧。

今日は釣りデビューの日。

沖縄風朝ごはん。
本州より遅い朝焼け。

しかし、この日は、年に数回あるかないかの魚釣れない日だったらしく。。

日頃釣りで腕をならしてる方々が、釣れるスポットあちこち連れて行ってくれました。

そしてようやく…

釣ったどー!

この日は6時間船の上にいましたが、釣れたの皆の合わせて6匹…

でも、初めてなのに、釣れたってことだけで満足でした。

釣った魚を、浜辺で食べました。

そりゃうまい。最高の贅沢だよね。
とってもきれいな海。
とってもきれいな空。

実は、船から、普段めったに姿を現さないという、マンタを見ることができたのです。

そしてウミガメの群れ。

泳ぐのすごく速かった、ウミガメ。

帰って、シャワー浴びて、2時間爆睡。

釣った魚を夕食でいただく予定が、釣れなかったので、キムチ鍋や、イノシシや、天ぷらをいただきました。

泡盛に合うー。

夜。

今まで初めて見るくらいの満天の星。

今日は、ペンションから少し歩いて、さらに星が綺麗な空を見れました。

釣りは予想以上に体力消耗。

朝までぐっすり眠りました。

3日目。ザ・観光。

今日は帰る日。

朝から雨。

今日は洋な朝食。

自家製パン、美味しかった。

石垣行きの船がお昼の便。

午前中は、西表島のザ・観光地、由布島へ。

こちらの水牛さんに引かれて、島へ向かいます。
絵になるー。

しかし、由布島は観光地。

観光バスが連なり、お客さんが閑散期でも一日千人はくだらない。

西表島のほんとうの魅力は、ここにはないような気がしました。

原始の森。

海と空。

満天の星。

きっと、手つかずの自然を味わうことが、この島の醍醐味。

今回は、西表島にとても詳しい方が案内してくださり、120%楽しめた。

次来たら、ダイビングやトレッキングもしてみたい。

島での最後の食事は、八重牛定食。

美味しかった。

西表島に二泊したら、石垣島がすごーく都会に感じた。

羽田に着いて、ビールで乾杯して帰路につきました。

海が見える白いコテージで、爽やかな風にふかれる瞬間。

ここ数年、なぜか詳細にイメージできていた。

ことあるごとに映像の断片が湧いては浮かんでいた。

気づいたら、西表で、イメージに近いところに滞在してました。

実現させようと頑張ったわけでもなく。

叶うかなぁとも思わず。

ただイメージだけ。

実現することは、必然的に詳細にイメージできるみたい。

真の望みはムリなく自然に望んでいるもので、どこかで叶うと知っているから、執着はない。

人間の私にできることは、クリアにその創造活動を見守り、味わうことなのかな。

宿泊したところ。

夢見てたみたいな二泊三日だったなぁ。

ありがとう。

-雑記